用語集 -GLOSSARY-

  • あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行
  • わ行

あ行

アプローチ 玄関や勝手口などの上がり口の段差部分に取り付ける化粧材のこと。
アンカーボルト 布基礎(ぬのきそ)にあらかじめ埋め込んでおく棒状の金物のこと。
雨どい
(あまどい)
屋根面を流れる雨水を地上や下水に導くための溝形や管状の部材のこと。いわば雨の道で、横方向に流す軒樋(のきどい)、谷樋(たにどい)、縦方向に導くための竪樋(たてどい)、横樋(よこどい)と竪樋をつなぐ呼樋(よびどい)(形状が似ているので鮟鱇=あんこうともいう)などがある。
雨押え
(あまおさえ)
外壁と開口(部)の上枠、屋根と壁の立上りの取り合いなどに取り付ける雨水の浸入を防ぐための板。
上がり框
(あがりかまち)
玄関や勝手口などの上がり口の段差部分に取り付ける化粧材のこと。
イニシャルコスト 住まいづくりでは、当初に発生する費用として設計料、建設工事費などを指します。一方、ランニングコストは、住宅に住んでから発生する維持のための費用です。
犬走り
(いぬばしり)
建物のまわりに40cm〜60cm位の幅でコンクリートやレンガ敷き、砂利敷きした部分をいいます。雨水によって基礎部分が濡れたり、汚れが建物に跳ね返るのを防ぎます。
入隅
(いりずみ)
建物の二つの壁面が出合ってできる内側の隅の部分。外側に向いた隅は出隅。
入母屋
(いりもや)
切妻屋根と寄棟屋根を組み合わせた形の屋根のこと。
打放コンクリート
(うちっぱなしこんくりーと)
RC構造で型枠を取り外した面が、そのまま仕上げとなるコンクリート。
ウォールキャビネット 壁面いっぱいに設けた収納のことをさすのが一般的ではあるが、壁面に取り付けるシステムキッチン用の収納キャビネットをウォールキャビネットということも多い。また、キッチンの吊戸棚をウォールキャビネットと呼ぶこともある。
エコキュート 然冷媒を使用して湯を沸かす、ヒートポンプ式の電気給湯機の総称。消費電力が少なく経済的で、冷媒にフロンを使用しないので、環境にもやさしいのが特徴。
F☆☆☆☆
(エフ・フォースター)
日本農林規格(JAS)や日本工業規格(JIS)が定めたフローリングなど建材のホルムアルデヒド放散量の区分を示す基準。F☆からF☆☆☆☆まで4段階あり、もっとも厳しいF☆☆☆☆で、放出量の平均値が0.3mg/㍑以下、最大値が0.4mg/㍑以下。
エクステリア インテリアに対してエクステリアは、門扉・塀・フェンスなど屋外の設備のほか、カーポートや庭園など住宅の外構全体を指して使われます。この他、サンルームやバルコニーなども含めることがあります。
オーバーハング 2階が1階より張り出すように設計したもの。逆に2階が1階より引っ込んだ形態を「セットバック」といいます。
オープンリビング 玄関ホールと居間との間に間仕切りがないリビングの形態。
オープン外構 周囲に塀や垣根を作らない、開放的な敷地回りのこと。
オープン型キッチン ダイニングまたはリビングダイニングの一部にキッチンをつくった設計。家事をしながら家族とのコミュニケーションが図れます。
大壁
(おおかべ)
壁の仕上げ材が柱面の外側に施され、柱が見えない壁をいいます。洋室などに用いられています。
納まり 部材と部材との合理的な取付具合のこと。
  • あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行
  • わ行